懇親部会のお知らせTOPに戻る

スキー同好会

稲門スキー同好会は、スキー、スノーボード、アイススケートなど、ウィンタースポーツ愛好家の集まりです。

<2010年シーズンの活動報告>
今シーズンは、2010年2月27日(土)・28日(日)の一泊二日の旅程で菅平高原スキー場に行ってきました。今年は平年よりも若干メンバーが少なく、来年に期待したいところです。
菅平高原スキー場は、ロングコースというものがなくやや物足りなさもありましたが、よく整備されたゲレンデとモーグル専用コースがあるなど、思ったよりも充実して過ごすことができました。宿泊先であるスイスホテルではたまたまでしょうか、バイキングスタイルの夕食となっていまして、食べ終わる頃には全員、ホクホク顔でしたね。
来シーズンは、もう少し参加メンバーを増やして楽しいスキー旅行にしたいと思います。

2010042601.jpg
写真は、菅平高原スキー場の太郎ゲレンデ(スイスホテル裏)にて。


<2009年シーズンの活動報告>
今シーズンは、2009年2月7日(土)・8日(日)の一泊二日の旅程で越後湯沢方面へ行ってきました。今年は、スノーボーダーはゼロで、全員スキーヤーとなりました。

さて、1日目は、快晴です。車2台で、かぐら・みつまたスキー場へ行き、足慣らしをしながら田代エリアへ移動しました。眺望もグ~~で、田代湖を見下ろしながらの滑走です。昼には、田代のラーメン屋で食事後に、その前のゲレンデでパシャ!!と1枚。
その晩は、越後中里駅前の宿で過ごしました。散歩がてらにナイター照明で照らされている中里スキー場を偵察に行くも、誰もナイターをやろうとは言い出さず、そのままおとなしく宿へと戻りました。

2日目は、石打丸山スキー場です。最近まとまった雪が降っていなかったせいか、下の方のゲレンデは、水分たっぷりの超重量級の雪です。この雪で疲れ果てたため、ハツカ石ゲレンデ付近の温泉に浸かった後、帰宅となりました。
 
皆さん、お疲れ様でした。来シーズンも、また元気に滑りましょう。

2009021601.jpg
(かぐら・みつまたスキー場の田代エリアのラーメン屋の前にて)


<2008年シーズンの活動報告>
今シーズンは、2008年2月2日(土)・3日(日)の一泊二日の旅程でスキー&スノボーをしに越後湯沢へ行ってきました。今年は稲門旅行会と合体し、参加人数激増かと思いきや、無難な人数?に落ち着きました。

さて、1日目は、湯沢からちょいとバスで移動して石打丸山スキー場の中腹にある茶屋で集合のグループと、超近場、湯沢高原スキー場の布場ゲレンデでお子様特訓のグループとに分かれて、白銀の世界を堪能です。なんと、夜行バスと新幹線を乗り継ぎ、大阪から東京経由で石打まで辿り着いた強者(これは新人類のなせる技か!!)も出現し、しかも現地一番乗りだったので、びっくりです。

2日目は、東京でドカ雪の情報。これは大変と、皆、朝から早期帰宅モードに入りながら、湯沢高原スキー場に集合。お孫様にしごかれる“じいちゃん”、生ビールを次々に飲み干して泡づけになる者、稲門スキー編隊を組む者とその撮影者、雪製の芸術作品?を作る子供達、などなどの状態でした。

来シーズンも、また元気に滑りましょうね。。。

nunoba2008.jpg
(湯沢高原スキー場の布場ゲレンデにて)

ishiuchi2008.JPG
(石打丸山スキー場山頂の”友情の鐘”の前にて)


<2007年シーズンの活動報告>
今シーズンは、雪不足が心配されるなか、2007年1月27日(土)・28日(日)の一泊二日の旅程でスキー&スノボーをしに草津へ行ってきました。電車組と車組に分かれて現地に全員無事集合、さすが稲門、スタートはバラバラでも最後はちゃんとまとまる!!
老いも若きも中年も、皆、張り切って草津国際スキー場で滑りまくり、あるいは転げ回った後、定番の温泉にどっぷり浸かり、疲れを癒しました。前週のテニス大会と連ちゃんの先生、お疲れ様です。
車組は、帰り際に、まんじゅうを頬張りながら湯畑を散策し、お土産をGet!!家族への思いやりなのか、罪滅ぼしなのか。
来シーズンは、雪がいっぱい降るといいですね。
ski.JPG
(草津国際スキー場にて7人の侍を写す)

連絡先 中野 寛也(メール)