●平成29年度・日本弁理士会継続研修 認定外部機関(認定番号08-030)稲門弁理士クラブ主催「知的財産訴訟に関する最近の重要判例」

各位
                   稲門弁理士クラブ幹事長  大西 達夫 
                           研修担当 藤坂 恭史
拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。
 この度、森・濱田松本法律事務所(前 知的財産高等裁判所長)弁護士の設樂隆一先生をお招きして、「知的財産訴訟に関する最近の重要判例」と題してご講演いただきます。
 ご講演では、最近の重要判例として「マキサカルシトール製法事件(均等論)」,「オキサリプラチン事件(存続期間が延長された特許権の効力)」,「アップルvsサムスン事件(FRAND宣言特許権に基づく権利行使の可否)」の各判例について、弁理士として留意すべき点を織り交ぜて解説をいただきます。
 設樂弁護士は、昭和52年に司法研修所を修了され、昭和54年東京地方裁判所判事補(知財部)、その後、東京地方裁判所(知財部)判事、東京高等裁判所(知財部)判事、平成25年に知的財産高等裁判所部総括判事、平成26年知的財産高等裁判所長を歴任し、本年1月に定年退官されて、現在は森・濱田松本法律事務所で弁護士として活躍されています。
 本研修が今後の実務の一助となることを願っております。この機会に是非ご参加ください。
                                   敬具

講 師  : 弁護士 設樂隆一 先生
       (森・濱田松本法律事務所 前知的財産高等裁判所長)
日 時  : 平成29年5月9日(火) PM6:30~8:40
会 場  : 弁理士会館 会議室(3階) 東京都千代田区霞が関3-4-2
会 費  : 平成28年弁理士試験合格者(未登録含む) : 無 料
       上記以外の方(弁理士・弁護士 他) : 2,000円

取得単位 : 2.0単位(予定)
* 本研修は、日本弁理士会の継続研修として申請予定です。本研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として1.5単位が認められる予定です。
【注意事項】
15分以上の遅刻をした場合には、受講したものと認められません。公共交通機関等の遅延、自己の行為に起因しない理由であっても、受講したものと認められませんので、時間に余裕をもって会場にお越しください。また、中座、早退の場合については、時間にかかわらず、受講したものと認められません。
* 準備の都合上、H29年5月8日(月)までにメールにて下記宛にお申込み下さい。
* 会場の都合により、受講を制限させて頂く場合があります。お早めにお申し込み下さい。
* お食事・飲み物の用意は致しません。ご了承下さい。
* 研修についてのお問い合わせは、藤坂(tomon.kenshu@gmail.com)までお願いいたします。
________________________________________
稲門弁理士クラブ主催 平成29年度研修会(H29年5月9日 開催)参加申込書
稲門弁理士クラブ 藤坂 恭史 宛  E-mail: tomon.kenshu@gmail.com
TEL: 03-5561-2542 (直通 鹿島建設) 

     平成 29年  月  日
   (ふりがな)
氏名         登録番号         所属会派       
平成28年合格者ですか?  ① はい     ② いいえ

●平成28年度・日本弁理士会継続研修 稲門弁理士クラブ主催「判タ掲載知財判例の検討会」

各位
                   稲門弁理士クラブ幹事長  角田 朗 
                           研修担当 淺田 信二
拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。
 この度、判例タイムズ(判タ)に掲載された判例を抜粋して検討する研修会を開催いたします。「判例タイムズ」とは、法律の実務家向けに全国の判例情報と実務に役立つ論文を掲載した1948年創刊の雑誌で、判例実務誌として日本で最も長い歴史を有しています(判例タイムズ社ホームページ)。「実務家が参考にするには必要にして充分な判例が掲載」(同ホームページ)されている“判タ”掲載の判例を概観し、日々の弁理士業務が昨今の裁判所の考え方と齟齬を来して出願人や権利者の不利益を招来しないように備えることが、本研修会の主な目的です。
 出願手続をはじめとする弁理士業務の多くは、行き着く先が裁判所で、その考え方を知ることは日頃訴訟に携わっていらっしゃらない先生、これから弁理士として活躍される先生にも有益かと存じますので、是非ご参加ください。
敬具
講 師  : 西脇 怜史 先生(弁理士・弁護士)
       西村 公芳 先生(弁理士・弁護士)
日 時  : 平成28年12月1日(木)PM6:30~8:00
会 場  : 弁護士法人クレオ国際法律特許事務所 会議室
       (東京都中央区八重洲一丁目4番16号 東京建物八重洲ビル 2階)
会 費  : 稲門弁理士クラブに所属されている方    : 1,000円
       (平成27年度弁理士試験合格者の方は無料)
       稲門弁理士クラブに所属されていない方   : 2,000円
取得単位 : 1.5単位(予定)
* 本研修は、日本弁理士会の継続研修として申請予定です。本研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として1.5単位が認められる予定です。
【注意事項】
15分以上の遅刻をした場合には、受講したものと認められません。公共交通機関等の遅延、自己の行為に起因しない理由であっても、受講したものと認められませんので、時間に余裕をもって会場にお越しください。また、中座、早退の場合については、時間にかかわらず、受講したものと認められません。
* 準備の都合上、H28年11月24日(木)までにメールにて下記宛にお申込み下さい。
* 会場の都合により、受講を制限させて頂く場合があります。お早めにお申し込み下さい。
* お食事・飲み物の用意は致しません。ご了承下さい。
* 研修についてのお問い合わせは、淺田(tomon.kenshu@gmail.com)までお願いいたします。
________________________________________
稲門弁理士クラブ主催 平成28年度研修会(H28年12月1日 開催)参加申込書
稲門弁理士クラブ 淺田 信二 宛  E-mail: tomon.kenshu@gmail.com

     平成 28年  月  日
   (ふりがな)
氏名         登録番号         所属会派       
平成27年合格者ですか?  ① はい     ② いいえ

●平成28年度・稲門弁理士クラブ研修第2回「特許明細書の品質を再考しよう-知的創造サイクルを駆動する情報媒体の視点から-」の報告

各位
                           平成28年 9月 吉日
                           研修担当 淺田 信二

 平成28年9月1日、尾崎技術士特許事務所所長・弁理士 尾崎光三先生をお招きして、「特許明細書の品質を再考しよう-知的創造サイクルを駆動する情報媒体の視点から-」について、ご講演頂きました。

 講演では、知的創造サイクルを、「創造」フェイズ、「保護」(設権)フェイズ、「活用」フェイズにわけ、各フェイズにおいて特許明細書に必要な品質をご解説いただきました。特許明細書記載のポイントについては、実例を挙げてご解説いただきました。

 多くの先生方が参加され、盛況のうちに終了しました。
 ご講演頂きました尾崎光三先生をはじめ、ご受講された先生方、ご協力頂きました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

160901.jpg
尾崎光三 弁理士