研修会「米国、欧州、中国の進歩性実務と最新動向」-日本の進歩性実務との対比において-

研修会「米国、欧州、中国の進歩性実務と最新動向」-日本の進歩性実務との対比において-

下記の通り、講師として小西 恵 先生をお招きして、米国、欧州(EPO)、中国における進歩性の実務(判断基準)と裁判例動向をお話して頂きます。
また、日本における進歩性審査基準や近時の裁判例についても併せて解説し、米国、欧州、中国と対比することによって、日本から主要外国へ出願する際の明細書、クレームドラフティングの留意点にも言及します。言うまでもなく、進歩性の問題は日常の特許実務の中核ですが、各国での基準や運用も変遷しつつあります。海外における権利取得を考える場合、外国特許法の進歩性と日本国特許法の進歩性との判断基準の相違を考慮しつつ明細書を作成することが必要です。
この研修が、今後の明細書作成の際の一助となることと思います。この機会に是非ご参加下さい。
講師 : 弁理士 小西 恵 先生 (三好内外国特許事務所 所長代理)
弁理士会特許委員会委員長(平成20年度),同国際活動センター副センター長
著書:「米国特許実務マニュアル」工業調査会(2004年),「米国特許実務ガイド」東洋法規
(2005年),「ヨーロッパ特許要点ガイド(改訂版)」工業調査会(2007年)他
日時 : 平成21年8月5日(水) PM6:30~8:40(受付PM6:00~)
会場 : 弁理士会館 2階会議室
会費 :
稲門弁理士クラブ会員:1,000円
上記以外の方:     3,000円
懇親会:参加者一律 :1,000円

稲門弁理士クラブ主催研修会(08/05)受講申込書
*本研修は継続研修の業務研修(選択科目)において、所定の条件により2単位が付与される予定です。遅刻、早退、中座の場合は単位が認められませんので、ご注意下さい。
*準備の都合上、7月31日(金)までにこの用紙で下記の山内宛にお申込み下さい。
*会場の都合により、受講を制限させて頂く場合があります。お早めにお申し込みください。
*お食事・飲み物の用意は致しません。ご了承下さい。
*講義終了後、講師を囲んで懇親会(会費:1,000円)を開きます。是非ご参加ください。
*研修についてのお問い合わせは、岩田(メール)までお願いします。

レポート(例)
※研修後に必要であればご利用ください

研修部会のお知らせカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。