平成23年度稲門弁理士クラブ継続研修第1回「平成23年度特許法等の改正」

平成23年度稲門弁理士クラブ継続研修第1回「平成23年度特許法等の改正」

平成23年度の稲門弁理士クラブ継続研修第1回として、「平成23年度特許法等の改正」を採り上げます。
今年度の改正では、①通常実施権の当然対抗制度導入、②共同出願違反や冒認出願の取り扱いの変更、③新規性喪失の例外や翻訳文提出期限、特許料納付期限の要件緩和、④訂正制度の見直し、再審の訴えにおける無効審決遡及効の制限、一事不再理効の見直しなど、大幅な改正が予定されております。
そこで、一足先に、新旧対照条文、産業構造審議会知的財産政策部会資料及び特許制度研究会資料を基にした、平成23年度特許法等の改正法に関する研修を開催いたします。

講師:弁理士 角田 朗 (志賀国際特許事務所)
日時:平成23年6月30日(木)
PM6:30~8:40(受付PM6:00~)
会場:弁理士会館 2階会議室
会費:平成22年合格者で
早稲田大学(大学院)卒業生の方: 無 料
上記以外の方              : 2,000円
懇親会:参加者一律             : 2,000円

* 本研修は継続研修の業務研修(選択科目)において、所定の条件により2単位が付与される予定です。遅刻、早退、中座の場合は単位が認められませんので、ご注意下さい。
* 下記の受講申込書に従って、6月22日(水)までにお申込み下さい。

稲門弁理士クラブ継続研修第1回(06/30)受講申込書

研修部会のお知らせカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。