研修部会のお知らせ

2/4ページ
  • 2016.08.01

平成28年度・日本弁理士会継続研修 稲門弁理士クラブ主催「特許明細書の品質を再考しよう-知的創造サイクルを駆動する情報媒体の視点から-」

各位 主催:稲門弁理士クラブ 幹事長  角田  朗 研修担当 淺田 信二 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 この度、尾崎技術士特許事務所所長・弁理士の尾崎光三氏により、『特許明細書の品質を再考しよう-知的創造サイクルを駆動する情報媒体の視点から-』と題して、講義を頂きます。 知的創造サイクルの「創造」「保護」「活用」の各フェーズは、情報の「生成」、情報の「加工/伝播」、情報の「流通」と […]

  • 2016.07.07

平成28年度・日本弁理士会継続研修 稲門弁理士クラブ主催「記載要件に関する審査実務と判例の動向」の報告

各位 平成28年 7月 吉日 研修担当 藤坂 恭史 平成28年7月7日、東京理科大学専門職大学院イノベーション研究科知的財産戦略専攻教授・弁理士 淺見節子生をお招きして、「記載要件に関する審査実務と判決の動向」について、ご講演頂きました。講演では、昨年9月の記載要件に関する審査基準改定のポイントや、近時の審判決について解説をいただきました。稲門弁理士クラブが主催する平成28年度第1回の講演会となり […]

  • 2016.07.02

平成27年度・稲門弁理士クラブ研修会「判タ掲載知財判例の検討(第2回)」のご案内

各位                            平成27年 7月 吉日 代表    市川 ルミ 研修担当 浅田 信二 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 本年度は、複数回にわたり、判例タイムズ(判タ)に掲載された判例を抜粋して検討する研修会を開催いたします。「判例タイムズ」とは、法律の実務家向けに全国の判例情報と実務に役立つ論文を掲載した1948年創刊の雑誌で、判例実務誌とし […]

  • 2016.06.06

平成28年度・日本弁理士会継続研修 稲門弁理士クラブ主催「記載要件に関する審査実務と判例の動向」

各位 主催:稲門弁理士クラブ 幹事長  角田  朗 研修担当 藤坂 恭史 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 この度、東京理科大学専門職大学院イノベーション研究科知的財産戦略専攻教授・弁理士の淺見節子先生をお招きして、「記載要件に関する審査実務と判決の動向」と題してご講演いただきます。 記載要件については、技術分野によって異なるという考え方もあり、進歩性に比べても議論が難しいと言われてい […]

  • 2016.01.04

平成27年度・日本弁理士会継続研修 稲門弁理士クラブ主催「企業における知財業務紹介(技術標準特許とパテントプール等)」

各位                            平成28年 1月 吉日 主催:稲門弁理士クラブ 代表   角田  朗 研修担当 藤坂 恭史 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 この度は、「企業における知財業務紹介(技術標準特許とパテントプール)」と称して、フランス国テクニカラー社の日本法人株式会社トムソン技術研究所の特許部に勤務する弁理士 倉持誠 先生から、テクニカラー社にお […]

  • 2015.10.12

平成27年度・稲門弁理士クラブ研修会「判タ掲載知財判例の検討(第3回)」のご案内

各位 平成27年10月 吉日 代表   市川 ルミ 研修担当 藤坂 恭史 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 本年度は、複数回にわたり、判例タイムズ(判タ)に掲載された判例を抜粋して検討する研修会を開催いたします。「判例タイムズ」とは、法律の実務家向けに全国の判例情報と実務に役立つ論文を掲載した1948年創刊の雑誌で、判例実務誌として日本で最も長い歴史を有しています(判例タイムズ社ホーム […]

  • 2015.05.11

平成27年度・稲門弁理士クラブ研修第1回「特許法の最近の立法動向と注目すべき判例の検討」の報告

各位                            平成27年 5月 吉日 研修担当 浅田 信二 平成27年5月11日、早稲田大学 法学学術院 教授の高林 龍先生をお招きして、「特許法の最近の立法動向と注目すべき判例の検討」について、ご講演頂きました。 特許法の立法動向について、平成26年改正の内容を中心に、様々な観点からご解説いただきました。そして、注目すべき判例については、講義形式で参 […]

  • 2015.04.11

研修会「特許法の最近の立法動向と注目すべき判例の検討」及び平成27年度 新人・若手歓迎会 のご案内

主催:稲門弁理士クラブ 代表   市川 ルミ 研修担当 西村 公芳 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 本年度の第1回研修では、早稲田大学法学学術院教授の高林龍先生をお招きして、「特許法の最近の立法動向と注目すべき判例の検討」と題して、ご講演頂きます。 ご講演では、特許法の最近の立法動向として、先日閣議決定された「職務発明制度」を中心にお話しいただきます。また、注目すべき判例の検討として […]

  • 2015.04.01

平成27年度・稲門弁理士クラブ研修第1回「特許法の最近の立法動向 と 注目すべき判例の検討」のお知らせ

各位                          平成27年4月吉日 主催:稲門弁理士クラブ 代表   市川 ルミ 研修担当 西村 公芳 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 本年度の第1回研修では、知財業界で大変著名な先生である早稲田大学法学学術院教授の高林龍先生をお招きして、「特許法の最近の立法動向と注目すべき判例の検討」と題して、ご講演頂きます。 ご講演では、特許法の最近の立法 […]

  • 2015.04.01

平成27年度・稲門弁理士クラブ研修会「判タ掲載知財判例の検討(第1回)」のご案内

各位 平成27年4月吉日 主催:稲門弁理士クラブ 代表   市川 ルミ 研修担当 浅田 信二   拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。 本年度は、複数回にわたり、判例タイムズ(判タ)に掲載された判例を抜粋して検討する研修会を開催いたします。「判例タイムズ」とは、法律の実務家向けに全国の判例情報と実務に役立つ論文を掲載した1948年創刊の雑誌で、判例実務誌として日本で最も長い歴史を […]

1 2 4