日本弁理士協同組合テニス大会 報告 (2009.11.14開催)

日本弁理士協同組合テニス大会 報告 (2009.11.14開催)

平成21年11月14日(土)、恒例の協同組合テニス大会が開催されました。例年春に行われるこの大会ですが、4月の予定が雨天順延となり、秋の開催となりました。開催日当日も午前中は雨が降っており、天候が回復した午後から試合開始となりました。
今年から試合の進め方が変更され、2リーグによる予選の後、その順位に基づいて本戦トーナメントを行うことになりました。また、今回は天候のために4ゲーム先取とし、当初予定されたAリーグ5位とBリーグ2位による入替戦は中止となりました。
各会派から1チーム又は2チームがエントリーし、1試合につきダブルス2ペアずつ参加します。稲門弁理士クラブは5名の会派内会員で臨みました。
稲門弁理士クラブの試合結果は、10チーム中8位でした。7位以下を決める決勝Bトーナメントの決勝戦では、予選では勝ち点を奪った春秋2のチームに対し引き分けたものの、抽選で敗れて惜しくも8位となりました。
全体的な印象としては、テニス初心者の参加者が少なくなり、緊迫した試合が多くなった印象があります。また、練習量が豊富な参加者はほとんどいないため、後半のトーナメントに差しかかった頃になると試合開始ほどの力が発揮できなくなる傾向にあります。このため、技術の差が縮まる後半で粘ることができれば、稲門チームとしても勝機は出てくるのではと思いました。
試合後は、テニスセンター近くにある昭和の森ゴルフクラブのクラブハウスにて、表彰式と懇親会が行われました。皆さん十分に身体を動かされたようで、お疲れのご様子でした。雨天のために午前中にプレーはしなかったものの、お昼のコートのコート整備で体力を使われたのかと思います。表彰式では予選で2位となった春秋会1が本戦で弁ク1に雪辱を果たし、連覇ができたことを喜んでいました。春秋、弁クの2強時代はしばらく続きそうです。
参加者の方々、本当にお疲れ様でした。

【試合結果】

【予選リーグ】
稲門弁理士クラブは昨年の順位が6位だったため、5チームずつに分けられる予選リーグではBリーグになりました。予選の結果はBグループで3位となり、7位以下を決める決勝Bトーナメントに進むことになりました。

【本戦トーナメント】
予選Bリーグで3位となった稲門は、決勝Bトーナメントに振り分けられました。本戦トーナメントでは、予選で敗れた宿敵無名会に雪辱を果たすことはできたものの、決勝戦では引き分け、且つ抽選(じゃんけん)で負けてしまいました。最後の試合は体力も消耗し、あと1ゲーム…が遠い存在でした。

(文責:岩田)

テニス同好会カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。